がんばろう、日本。


by yukinkoro_jp
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

桜~と、鶴岡八幡宮の大銀杏@鎌倉~

鎌倉にもちょい散歩。こちらは源平池。
a0167397_15171891.jpg


・・・この池には、ちょっとした思い出が。
小学生の時に、下校途中、この池に落ちました(T∇T)

はい、もちろん普通に大人しく帰れば落ちることはありません。・・・おてんば娘だったんです。
でも、当時、学校の先生から「この源平池の底には、戦で死んでいった武士の首がいっぱいあるんだぞ~」と嘘か本当かわかりませんが、そんなことを聞いていたので、落ちた後もゾッとした覚えが。
今はちゃんと柵が設けられているので、大丈夫なのではないかと・・・。

さて、では鎌倉駅周辺桜めぐりを。
やっぱり最初は、段葛ですよね!桜は、満開という感じではなく。まだ早かったかな?

みなさん、この段葛、ちょっとしたからくりがあるの、ご存知ですか?
こちらが、鎌倉駅に近い段葛入口。
a0167397_15261727.jpg

こちらが、鶴岡八幡宮に近い段葛。
(にしても、すごい犬の数でした。8匹ほどいました。それも全部同じ犬種。わんちゃん、みな親戚兄弟でしょうか?)
a0167397_15272299.jpg


最初の写真が、7人ほど並んで歩いても余裕そうな道幅なのに、
次の写真は、5人も並んだらいっぱいそうに見えませんか?
実は、段葛って、駅方面と八幡様方面で道幅が違うのです。
これは設計ミス、ではなく、遠近法の効果を狙った、ちゃんと計算されたものだそうです。
外部から人が来たときに、八幡様方面に向かうのに、遠く感じるように作られたという話です。これも、小学校の時に先生から教えてもらったお話。段葛を歩く時、ちょっと気にしてみてくださいね。笑

で、あっという間に鶴岡八幡宮に到着。・・・すごい人手でした。
a0167397_1540172.jpg

そして、記憶に新しい3月10日の樹齢1000年とも言われる大銀杏の倒木事件。銀杏の周りには人だかりができていました。八幡様に向かう階段にも人・人・人!
a0167397_1543934.jpg

a0167397_15432021.jpga0167397_15433413.jpg

実は、私の小・中学校は、この八幡様の隣に位置しています。この大銀杏を見ながら登下校していたので、その大銀杏が倒れてしまったのは、やっぱり少し寂しかったです。

そんな銀杏ですが、現在、①根の復活、②移植、③挿し木の3つの方法で、後継木の再生に取り組んでいるんですって。
①は、階段横地面に残った株。写真右ですね。4月にはいってから、その株から100以上の新芽が吹き始めているそうです。
②は、倒れた幹を4mの高さで切断、①の脇に移植。写真左がそれです。
③は、若い枝400本を挿し木して、現在7割が芽生えているとのこと。

元の大銀杏はもう見ることが出来ないけど、新しい銀杏が見れることを祈って。。。
このイチョウは、1219年鎌倉3代将軍・源実朝を暗殺した僧公暁がこのイチョウの陰に隠れていたという言い伝えもあるのですが(「隠れ銀杏」とも呼ばれる)、新しい銀杏は、どうせならもっと明るい言い伝えが加わるといいな★

源平池周辺の桜は満開でした。
a0167397_1631117.jpga0167397_1642913.jpg
a0167397_1643968.jpg


懐かしき中学校の桜もキレイでした~。
a0167397_16542100.jpg


[PR]
by yukinkoro_jp | 2010-04-12 15:40 | FLOWER