がんばろう、日本。


by yukinkoro_jp
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2011年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

震災関連のブログが続いていますが、先日、NHKを見ていたところ、料理研究家の方が「セカンドハーベスト ジャパン」を通じて、クッキー等の食べ物を支援したと言っていました。

旦那の職場でもいくつかの団体を通じて義援金や物資の支援を行っているのですが、実は、この「セカンドハーベスト ジャパン」はそのうちのひとつなのです。

改めて、調べてみました。

セカンドハーベスト(2HJ)とは、
「2度目の収穫」という意味です。1度目の収穫(通常の市場)からもれてしまったもの、だけどまだ充分に安全に食べられる食品を2度目に収穫し、捨てられてしまうかもしれなかった食品に命を与えようという意味です。
(HPより引用)

食べ物を大切に思い、無駄をなくして、それを福祉施設や生活困窮者などに提供を行っている団体です。東北支援活動は、2HJのフードバンク活動(安全に食べられるにも関わらず廃棄されている多くの食べ物を、支援を必要とする人たちに運び有効に使ってもらう活動)の一環とのこと。

そんな、2HJのHPで、東北の支援活動の報告を行っています。→ こちら

地震発生3日目には、CNN取材クルーに同行して現地入りをし、4月1日時点で、4トン貨物車25台分を届けたそうです。

さて、先日、2HJの方から旦那の職場に支援のお礼と報告のメールがありました。
以下、抜粋ですが、2HJの方々の思いが伝わってきます・・・。

「流された家の跡地でおばあちゃんが何かを必死に探している姿を見たときにとてもやりきれなくなりました。被災者の方が失ったものは私たちの想像以上に大きいと思います。

私たちに出来ることは一時的な支援ではなく、被災者が震災前の生活に戻れる時が来るまでずっと続けて行かなくていはいけないと改めて思いました。

そして皆様から送っていいただいた温かい思いを私たちが必ず被災者へ届けるんだという使命感を持って精一杯活動していくつもりです。」

この「ずっと続けて行かなくていはいけないと改めて思いました。」という一文。
今は、震災直後で記憶も新しく、多くの人がボランティアや支援物資、寄付を行っていますが、1年後、2年後・・・5年後、10年後、も、同じように皆が日本復興のために汗を流せているだろうか。

今回の震災は長期戦です。
私も、今の気持ちを忘れないでいれるだろうか?

忘れちゃいけない。一人でも多くの人が、気持ちをともにしてあげなきゃです。


そして、最近は、いつまでも、笑顔も自粛、楽しむことも自粛・・・をしていてもダメだ、とも思っています。

元気に、普通に生活して、経済を、景気を良くする事が、東北を復興させるために必要なんですもの。

東京人、今こそ、笑顔に、元気を分けられるくらいにならねば!!
(不謹慎とか言われてしまう場合もあるので、なかなか難しいですが。。。)
[PR]
by yukinkoro_jp | 2011-04-07 09:10 | PRAY FOR JAPAN
震災から3週間が経つというのに、原発もまだまだ収まる気配はなく、被災者の皆さんも仮設住宅に落ち着けるのは日数がかかりそうです・・・。

先日、仙台の友人からメールが届きました。

仙台の中心部は、だいぶ元の様子を取り戻したかのように見えますが、実は、二次震災とでもいうのでしょうか・・・。震災の影響で経営が成り立たず、解雇される人が出てきているそうです。

そんな今後の生活不安を抱えながらも、自分たちは、まだ家も家族も無事だった、沿岸部の被災者のことを思えば、辛いなんて言ってられない、と弱音を吐く人はとても少ないそう。
ボランティアに参加したり、瓦礫の掃除を手伝ったりしているそうです。

友人からのメールは、そんな、本当はれきっとした被災者なのに、自分たちは被災者ではない、と頑張る人たちへの支援依頼でした。

今回は個人的にしか支援できないので、多くの人々への支援物資として・・・は送れなかったのですが、自分で出来る範囲でスーパーを回って集めました。
a0167397_1582070.jpg

a0167397_15850100.jpg

食料品をメインに依頼されたので、こんな感じで。

当初のスーパーの売れ筋は、お米や水だったそうですが、その後は暖かい食べ物、例えば、スープやカップラーメンに移り、そして、最近は、お酒やお菓子、乳製品などの嗜好品に移ってきているそうです。

ってことで、レトルトや調味料以外にも、
お酒が大好きでワイン関連のお仕事をしている友達にお酒を少々入れ、片付け等で疲労困憊のときのためのオロナミンC、そして、友達には、1歳になる女の子がいるので、子供用のお菓子や絵本もいれたり、としていたら、
・・・全くまとまりのない支援物資になってしまいました。

ごめん、大目に見てくれ。。。


辛い時は、甘えることも大切じゃないかなと思います。自分は一人じゃない、と感じることが、前向きに頑張ろう!と思える原動力のひとつになると思うからです。

復興は一歩一歩です。
[PR]
by yukinkoro_jp | 2011-04-05 15:22 | FRIENDS